スパティーガーデン

ヘタレガーデナーが半日陰のコンテナスペースと日陰がちな小さな庭で楽しんでいます♪

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

水仙の目覚め♪

2週間前に植え付けた 早咲き日本水仙 がもう目覚めました。


      早咲き日本水仙


去年も10月の末に発芽して驚きましたが 

去年は9月に植え付け 発芽まで1ヶ月ほどかかってました。

確かに植え付けるのが遅かったのですが それにしても早いです


球根の中で 植え付けるのをウズウズ待っていたとしか思えません

待たして御免ね 



こちらの小さめの球根を植え付けた鉢も 発芽していました。

      早咲き日本水仙

イッチョ前の芽の様にも思えますが 花が咲くかは分かりません。

せめて葉だけでも元気に育ってもらいたいと思います。




最初のプランターに植え付けた 早咲き日本水仙の方には

後から パラパラっと スイートアリッサムの種を蒔きました。


頭で思い描いていたのとは 全く違って 一気にドッと種が土の上に

慌てて見えた種を他へ移しましたが・・・

      早咲き日本水仙とスイートアリッサム

こ~~んな事に


グータラな私のする事ですから こんな所ですね





芽だけでは寂しいので おまけです。

寂しいのには変わり有りませんが


      バコパ ガリバースノー

大胆に切り詰めた バコパ ガリバースノー が咲いていました。


下葉がかなり枯れ上がっているので 枝先の部分だけ寂しく咲いていますが

白くて可憐なお花に な親馬鹿の私です。







水遣りをしていたら・・・ 

多分ご近所の方(新参者なので家の周り以外の方のお顔を知りません)が

沢~山お花が増えたね。いつもお花を見るのを楽しみにここを通ってるんだよ。

今度はどんなお花が咲くのか楽しみにしているから頑張ってね 

と声をかけて下さいました。


有り難いお言葉に 嬉しくなりました。

ただ、今は水遣りが精一杯の私なので・・・

感謝と御礼を申し上げ 心の中で 今はあまり頑張れないので気長に待っていて下さい と



早いとこ 現状の体調から脱出したいものですが

焦らずのんびりと いえいえ グータラと思っています 


スポンサーサイト

| スイセン | 11:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋の日に輝いて

そろそろお終いにと思っていた ジニアプロフュージョン ですが

沢山の花を咲かせているのを見て嬉しくなりました。    


      ジニアプロフュージョン
                      

すぐに花色が色褪せるのか 色幅が大きいのか分かりませんが

全体ではこんな風です。


      ジニアプロフュージョン
                      (右下は 半八重のインパチェンスチュチュです)


実物はもう少し澄んだ色合いですが 上手く写せませんでした




月が改まったら ビオラ達と選手交代の予定です。

夏より今の方が沢山咲いてくれているので 躊躇してしまいます。








こちらは、ジニアの隣の千日小鈴の陰で控えめに咲いている
  

      ガザニア

ガザニアです。



そしてもう1つ。玄関先で鉢の隙間から 小さいながらも輝いている

      ベゴニアタブレットローズ


ベゴニアタブレットローズです。

葉色も鮮やかになってきました。



この花には、今年の冬も家の中で春まで頑張って貰いたいと思っています。




| ジニア プロフュージョン(終了) | 14:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ようこそ☆ウサギさん♪

戴いたラビットタイプのビオラの種から初めて花が咲きました


      ビオラNM

綺麗に開いて貰うのを待っていたら下花弁が少し痛み加減に

それでもウサギさんのお顔そのままで 私が飛び跳ねたくなります
(今日は体調不良なので気持ちだけに 爆)


同じ種類の種ですが

      ビオラNM別株


花弁の形も花の形もちょっとふっくら。

花色も違いますが良い色です



チューリップとビオラ達を一緒に植え付けるつもりです。

涼しくなるのを待っていたら やっと今週から涼しくなるとの事。

今度は体調待ちになってしまいました。 仕方有りません。

焦らずのんびりしたいと思います


ビオラさん達には もう少し我慢してもらわなきゃです。



でも、今朝の園芸番組ではビオラやパンジーでした。

余計に早く植えつけたくなってしまいました。 ウズウズ・・・・・・・


| ビオラ | 12:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

挿し芽株のポット上げ♪

9月10日に挿したオステオスペルマム と 

10月5日に挿した フリンジビンカ と ガリバースノー(バコパ)       


      オステオスペルマムの挿し芽

      挿し芽
                (どちらも挿し芽した時の画像です)

そろそろ発根していそうな気配でしたので ポット上げをする事に。

横着して発根の画像は有りません

私にしてはかなり上手く言った感じで多くの根が出ていました
(証拠が無いのでどうにも言える


遅れて蒔いたウサギさんタイプのビオラも ポットに植えてみました。

      ポット上げ

フリンジビンカはリビングでこれから春まで過ごして貰います。

チュラビンカアスカの挿し芽株も そろそろリビングに移さないといけません。


バコパ ガリバースノー、これから大きく育ってくれるでしょうか

寄せ植えに植えられると良いのですが。。。。。。。







さて、皆様はビニールのポットを使い終わった後にきれいに洗って保存されておいでですか

私の場合は、当然グータラなので新たに使う時に洗ってます

で、今朝。作業の前に洗っておこうと積んであるポットの中から

小さ目のポットを探していた時の事です。

大丈夫な方だけ続きをお付き合い下さい。

≫ Read More

| 園芸作業など | 12:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一足早い紅葉~☆

今年はどうしたものか 紅葉が早い気がします。

と言っても 我家の事です。



年賀状用にお正月用の寄せ植えを作っても オタフクナンテン が紅葉せず

写真撮影も紅葉待ちでジリジリする事もしばしばです。



去年はどうかとブログを見てみると 去年も早い

どうも切り刻んでから大剪定以後 紅葉が早くなったみたいです。


      オタフクナンテン


色付きの良い所を中心に写すと

      オタフクナンテン

葉っぱの感じも 大剪定以後ふわふわ感がちょっと減った感じもします。

昨年来の恨みでしょうか




で、もう一種類早い紅葉が・・・

      

      ハツユキカズラ

ハツユキカズラ です。


まだ緑の葉を繁らせている株も有りますが

どうも勢いの少ない株が紅葉しているみたいです。


      ハツユキカズラ


綺麗(毎度親馬鹿ですいません)なのでもう一枚でした


| オタフクナンテン | 11:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

そろそろ、かしら・・・?

我家の今年の夏の花  フリンジビンカ(ニチニチソウ) です。


      フリンジビンカ



3株購入して 1番元気の良いのはこの株です。

      フリンジビンカ


何度か切り戻してその度に元気に蘇ってくれました。

でも、流石に度々の切り戻しと気温の低下には 下葉も黄色になっています。


いえいえ、元気の無くなってきた訳は お手入れの悪さが1番です。

写真をご覧になられて もう充分お分かり頂いてますね


種鞘を獲る事もせずいましたが、やはり種は採れそうも有りません。


挿し芽株もそろそろ発根してきたみたい(希望的観測です)。

来年もまたこの可愛いお顔に逢えると良いなぁ~


逢えますように

| ニチニチソウ | 11:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スイセンの植え付け 

宅配の生協で購入した スイセン レプリート です。 


      レプリート


説明書きには 

  白い花弁の中心に、桃オレンジ色が入る美しい八重咲き水仙。   と有ります。


桃オレンジ → アプリコットカラー と勝手に解釈して期待を膨らませました。

写真も載っていますが その色あいは微妙

でしたが 良い風に解釈した私です。



      レプリート植え付け


中央に レプリート5球 回りに ムスカリ と アルメリア を植え付けました。



スイートアリッサム を植えたい所ですが ガーデンショップへ行く余裕が無いので

手近な所で間に合わせた訳です。 アルメリアの名誉の為にも付け加えますと・・・

アルメリアのポンポンの様なお花が大~好きな私でございます~ 




ラーメンの様な姿のムスカリでございますが・・・、

切り戻して貧弱そのものズバリの ユリオプスデージー と一緒に

球根が半ば地表に晒されていたムスカリを救出すべく 植え替えた次第です。


ユリオプスデージーも鉢から出すと かなり根が窮屈だった様子でした。

(姿から察しろ と陰の声も聞こえてきそう)

で、救出した後の姿がこちらです。

      ユリオプスデージーの寄せ植え

来春はた~んと花を咲かせて下さいませませ

ここでもまた、アルメリア大活躍です



で、この鉢の中に 2球 正体不明の球根を投入してございます。

チューリップの球根似の小さめの球根ですが、多分チューリップではないはず。

スイセンかしらと思っているのですが 根がしっかり出ていたのでそのまま植え付けました。

ユリオプスデージーの鉢から出てきた球根ですがすっかり記憶に有りません

春のお楽しみです






掘り出したムスカリ、小さな球根(皆小さいに変わりが有りませんが)が増えています。

      アルメリアとムスカリの寄せ植え


ではでは球根さんに育って頂こうと またもやアルメリアさんにご登場頂いた訳でございます。

イベリス タホ にも参加してもらい 春まではマルッと緑だけの寂しい寄せ植えです。

花の咲いている苗の無い我家。 いかに寂しいかお分かり頂けたかと


≫ Read More

| スイセン | 15:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

掘り上げたスイセンの植え付け

朝夕は、だいぶ涼しくなって秋もどんどん深まりつつ・・・

なのに、球根の植え付けやビオラの植え付けもまだな我家。

ちょっと焦ってます



重~~い腰をちょっとだけ浮かせて スイセン を植え付けました。

先週、ジニアプロフュージョンを抜いて 苦土石灰や堆肥などを混ぜておきました。


このプランターで育てるお花はいつもあまり元気が出ません。

なので 苦土石灰もいつもよりは多め 今日はHB101も投入してみました。

土を全取替えした方が良いのは分かってますが 

虫が湧かなかったので捨てるのが惜しくなってしまいました


      水仙植付


早咲き日本水仙の球根、去年は大人の握りこぶし近い大きさでしたが

密植していたのでだいぶ小さめになってしまいました。

      スイセンの球根 掘り上げ

6月に掘り上げた時の画像です。(右が早咲き日本水仙、左がピンクカップ)

大きい球根を植え付け 小さい球根は涙を呑んで処分しました。(植える場所が有りません)


      ピンクカップ、早咲き日本水仙


ピンクカップも 大き目を6球だけ残し 

シルキーブルー(ビオラ)とアルメリアと植えつけました。 



早咲き日本水仙の中粒の球根を 空いている無粋な古プラ鉢へ。

こちらもアルメリアと一緒です。




因みに、超手抜きで今年は殺菌剤での球根消毒を省略してしまいました

果たして凶と出るや否や。こう書くとどちらに転んでも悪いイメージですね




スイセンと植え付けた シルキーブルー が咲き進んで色付いて来ました。

      シルキーブルー


おまけに 赤いビオラ も咲き進んで 少し淡い色合いになりました。

      赤ビオラ

後のほころびかけている蕾の色が最初の濃い色です。



赤いビオラは ちょっと徒長気味。

園芸番組で聞いたのを真似して切り戻したので今はお花は有りません



秋から冬の花への植え替えはまだまだこれからの我家。

ちょっとずつのそのそと停滞気味に進みそうです

| スイセン | 13:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

満面の笑顔~♪

今が盛りと シュウメイギク が咲いています。




      シュウメイギク

お花が咲いてくると頭が重くなり傾いでしまいました。 

支柱をしてあげなくては


      蕾

蕾も大好きなんです。ガク?の濃いピンクがたまりましぇ~ん


      シュウメイギクピンクアップ

実物は写真よりもう少し濃いピンクですが 写すと薄くなってしまいました。




白のシュウメイギクの開花をずっと待っていました。

ピンクより遅れる事 3週間 ようやっと咲き始めました。

      シュウメイギク

(我家の中では)日当たりの良い分 開花から3日でこんなに風に。

      シュウメイギクとアブ?さん

嬉しくって写していたら もう先客がいらしてました。

ホソヒラタアブさんかもしれません。(違うかも・・・


      シュウメイギク

お日様に向かって満面の笑顔です。





      シュウメイギクアップ

シュウメイギクは風に敏感に揺れるので ヘタレカメラマンは四苦八苦です。

四苦八苦しながらも 清楚な感じのこの白花にになりました。




| シュウメイギク | 12:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

切るべきか 切らざるべきか

ポインセチア の葉がギッシリと密に茂っています。


薄黄色の葉も有って ポロリと落ちる事も有ります。

日に当たっていない為かと思い、このままにして良いものか迷っていました。


現在の様子は

      ポインセチア


真上から見ると ぎっしりな様子がお分かり頂けるかと

      ポインセチア



上の写真は朝に写したものです。


暫く前からずっと迷っていて・・・ 

ネットでこの時期の作業に該当する事は無いかと捜してみましたが

同じ様な事例も全く見つかりませんでした。(最後に追記訂正有ります)



無い知恵を絞って 風通しも良い方が良いかと思い茎をちょっとだけ透かしてみました。




朝と角度が違ってしまいましたが

      ポインセチア


真上からは

      ポインセチア



切り過ぎを後悔する場合が多い私なので 今回は極力控えめにしました。

なので、あまり変わり映えしませんでした





以前申しました通り 短日処理をしておりません。でした・・・

しばらく街灯の光を避けて南側の場所に置いていたのですが

ここ数日最低気温が15℃を下回る心配が出て来たり

南側の場所が太陽の高度が下がって日陰に入る心配も出て来たので

昨日から日中は、1番日当たりの良い玄関先に置いています。


で、困ったのが夕方からの街灯の光です。

いつまで続くか分かりません と言うか、多分一時的になると思いますが

夕方から物入れに入れて 急遽の策の短日処理を始めました。




物入れに入れる事を考えたのは 実は昨日

日中の気温が15℃を下回るまで続けたいと思いますが

グータラな私なので

もっと楽な方法を見つけるまでの短期間この方法で行こうかと思います。



短日処理とは無縁でしたが、葉脈や先端の茎や新芽部分が赤くなって来ました。

こんなグータラな方法でどれだけ赤くなるか分かりませんが 年末が楽しみです





訂正&追記

     ネット上で捜したと言うのは 

     私がポインセチアに関して自分のPCのブラウザのお気に入りに

     入れているサイトの中で捜したのですが無かったと言う事でした。m(__)m

     先程、検索サイトで捜しましたら 同じ様な事例を見つけました。

     私と同じ原因なのかは確定できませんが 日照不足・水切れ・肥料不足 が

     原因に挙げられていました。

     我家のポインセチアは、葉が繁っていて日に当たりにくかったり 

     水切れ気味も思い当たりました。 液肥を追肥しているので肥料不足は違うかもです。

     
     透かした事によって少しは日当たりも良くなり 

     水切れ防止にはなるのではと思いました。


     言葉足らずをお詫びして訂正いたします。m(__)m



| ポインセチア | 15:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

花壇のインパチェンス達 

昨日に続いて インパチェンス です。

昨日と重なる所も有りますが ご覧下さいませ。

      花壇東

昨日の半八重インパ(朱赤)を囲む様に 一重のインパチェンスも咲いています。



こちらは、初登場の場所です。

どう言う訳かこの場所のインパチェンスは成長が遅く やっと咲き出しました。

      3色

濃いピンクと 淡いピンク そして オレンジ色です。 お分かり頂けますでしょうか



挿し芽株のアジュガ(手前の株)がこんなに大きくなりました~

夏前に駄目元で挿したのですが 涼しくなってからとても勢いが良くなりました。

      アジュガと


こちらから見ると 単なる鬱蒼とした花壇

      花壇西


大して代わり映えしないかもしれませんが・・・


      インパチェンス

このアジサイ周りのこの一角のインパチェンスは

全てこぼれ種から育ったインパチェンスです。


こぼれ種からの子は 毎年咲くのは秋になってからなので

ずっと楽しみに開花を待っていました~



ここ2ヶ月は殆どお世話も出来ず 雑草まみれですが

今年も咲いてくれて有難う~ なのです。

| インパチェンス 一重 | 13:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ビオラの開花~☆

7月13日に種蒔きした ビオラ が開花しました~




こちらは 昨年苗を購入したビオラから種を採って蒔いたものです。     

      赤ビオラ



こちらは 我家のレギュラー。  シルキブルー(ビオラ)です。

      シルキーブルー(ビオラ)


この2種類の他にはまだ蕾の姿も有りません

ラビットタイプが早く咲かないかと首をウサギの耳位長くして待っていますが

まだまだ当分先~~のようです








本日のおまけです


種から育てた半八重のインパチェンスです。

         半八重インパチェンスとプーさん

ヒューケラに日が当たるように かなり切り戻したのですが

すっかり元の様に大きくご成長下さり またもやヒューケラが日陰者になってます


この写真は、テレビのデジタルカメラの撮り方の番組を見て 

今までと違う設定にして撮ってみました。

昨日と同じで どう違うのか違ってないのか分かりましぇ~ん



デジタル一眼レフカメラの番組テキストも有るようですが

本屋さんで見付けた

      テキスト

この本を購入しました。

一眼レフでないコンパクトタイプのデジカメも対象になっている所が購入ポイントです

基本が全く分かっていないので 

カビた脳ミソを奮い立たせていろいろ実験してみたいと思います



| ビオラ | 16:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

芳香は変わらず~♪

数日前から キンモクセイ が良い香を漂わせています。

      キンモクセイ




今朝は生憎の雨でしたが やっと花弁を開いてくれました。

      キンモクセイ

雨の雫がとても綺麗でした。



      キンモクセイ

えへっ 昨日からTVのデジタルカメラの撮り方の番組を見付けました。


ちょっと写し方を変えてみたのですが 

やはりデジタル一眼レフでないとちっとも代わり映えしないみたい

って、カメラでなくて 頭と腕が悪いだけだったり・・・





今年はとても葉の茂り方が貧弱です。

原因は、多分根詰まりかと。


毎年植え替えやら 鉢増しなんて出来ません。 

唯でさえもう大きい鉢なのでこの場所には これ以上大きい鉢なんて置けません。


どうしたものかと頭を悩ませていたら・・・

たまたま見ていた園芸番組で 鉢土を何ヶ所かシャベルで掘り出し

新しい土を入れると 古土と一緒に切り取った根の所から

新しく根が出て 小さいなりに育てる事が出来るのだと言っていました



キンモクセイがこれに当てはなるかどうかは分かりませんが

来年の春以降に是非やって見ようと思っています。


で、今年はこんな貧弱な姿です

      キンモクセイ

一応記録なので残しましたが、恥ずかしいので小さい画像にしました。

クリックするともっと恥ずかしくなるので お止め下さいませ









お眼汚しの口直しになりますかどうか・・・。


ブルーデージーです。

      ブルーデージー


こちらも雨の雫といっしょです。

      ブルーデージー


挿し芽で株の更新をしないつもりなので

来年はこの姿が無いかもしれません。

どうぞ元気で冬越ししておくれ~


| キンモクセイ | 14:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

挿し芽~♪

だんだん秋らしい陽気になってくると 夏のお花の終わりをひしひしと感じます。

今年の我家の夏のお花は ジニア と インパチェンス 。


そして、ニチニチソウの チュラビンカアスカ と スクリューチュチュ(フリンジビンカ) 。

ニチニチソウも種を採れそうですが アスカは以前採種に失敗していますし

スクリューチュチュも難しそう。。。。。。。 と、言う事で



      挿し芽

スクリューチュチュ を挿し芽してみました。


3株のうち  元気なのは1株だけ  冬越しはまず望めそうも有りませんが・・・

出来るだけ新しそうな茎を切り取りました。


チュラビンカアスカは、もうしっかと挿し芽してあるので

1株は必ずリビングで冬越ししてもらおうと思います。



この所、花のお世話を怠っていたので 

短時間ですが、花がらつみや切り戻しなど久々にして気分もさっぱりしました。


久々のお世話で バコパ ガリバースノー が

存亡の危機に瀕している事を発見しました

下葉がすっかり枯れ上がり かなり拙い状態です。

先端の綺麗な所を 駄目元でこちらも挿し芽してみました。



どうぞ上手く育ってくれますように




いつもならブルーデージーやマーガレットも挿し芽をしますが

今年は体調の事も有って控えています。

ポット上げや管理が出来るのかが不安なので

来春に新しい方をお迎えするのも良いかな~ って思ったりしています

| 園芸作業など | 12:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏越しガーデンシクラメン その後

夏を越した 実生のガーデンシクラメン が生き生きとした葉を付け始めました。

      ガーデンシクラメン実生



こちらはちょっと大きめな子です。

      ガーデンシクラメン実生
  

過去のブログを見ると どうも1番の札を付けた子のようです。(濃いピンクの花)



                備考
 
                  種を蒔いた時点で 花色が分からなくなってしまい
                  0~4の番号札を付けて 種をまいて育てました。







こちらは、先月末にアップし忘れてしまった写真です。

       ガーデンシクラメン


今は、

      ガーデンシクラメン実生 no.3

花は散りましたが 葉が緑鮮やかになって来ました。

実は、もう1ポットあるんです。 右のポットがそれです。

      ガーデンシクラメン ポット

あはは フイリゲンジスミレが種を飛ばしたようで

つい最近まで実生のガーデンシクラメンは 影を潜めていました。

って、2年もポットのままにしているグータラさに我ながらポリポリ。。。。。




前回アップした後に まだ新芽の出ていない球根だけの物が有りましたが

その株は、敢え無くお見送りとなりました。 球根が急に柔らかくなってしまいました




殆どの株は またもや花色の管理が出来ずに 今回も咲くまで分からない状態です

開花はいつの事になるか分かりませんが 咲くまでのお楽しみにしたいと思います。

小さな蕾をつけている株もありまので

ひょっ~~としたら 年内開花も望めるかもかもです




で、本来なら植替えするべきなのですが 

どうしようと迷っている内に10月を迎えてしまいました。

5月下旬にしたから良いかなぁ~

寄せ植えにする時にすれば良いかなぁ~ 

と、思って気付かない振りしている私です



ガーデンシクラメンの葉に一時の宿を求めたお方の事ですが・・・

お付き合い頂ける方は続きをどうぞ

≫ Read More

| ガーデンシクラメン 実生 | 12:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな時期ですが

今年はモザイク病撲滅を願って ペチュニア類は新たに育てるのを控えています。


そんな中、昨年からの株に花が咲きました。

      ドレスアップライム

あらら 無粋な物が後ろに写ってますが見なかった事にして下さい


サフィニアエレガンテホワイトかもしれませんが・・・

多分、ドレスアップ ライム だと思います。(確信を持って言えない所が・・・



冬を越した後 ひ弱で何度も切り戻したり 諦めたり

暑さの峠を越した頃から少しずつ葉が付きはじめ 

ようやっとペチュニアらしい姿になってきました。


      ドレスアップライム

もうしばらく 元気で咲いて下さいね

| ペチュニア ドレスアップ(終了) | 13:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蕾~♪

とうとう10月になってしまいました

いつもなら ビオラが咲き始めている時期ですが

今年は日当たり求めての移動もせず 横着している為か


      ビオパン


こんな感じの我家の ビオラ&パンジー です。



こんな感じでは有りますが・・・


      赤ビオラ

種を採った赤いビオラに どうやら花弁を覗かせている蕾を見付けました

近寄って見ると

      赤ビオラ

赤と言うよりもっと黒っぽい

親は深い色の赤の花でしたので どんな色の花になるのか興味津々です



こちらは、咲き始めは白 だんだんにブルーに変わって行く シルキーブルー(ビオラ)です。

      シルキーブルーの蕾

白っぽい花弁を覗かせています~



      バニータイプ
 
こちらは2つとも バニータイプのビオラです。

向こう側は 1回目の種蒔き 手前が3回?目の分です。

バニータイプはデリケートみたいで 

しっかり大きくなってからポット上げした方が良かったようです。


焦って早くポット上げしてしまった3回目の方は 

既に駄目にしてしまったり危うい子も複数です。


      ビオラ バニータイプ

種蒔き1回目の方は もうすぐ蕾を付けてくれそうな気がします





こちらは唯一のパンジーです。

      パンジー

早播きが災いしたのか 私の播き方が悪かったのか まだ小さめです。

でも、とても期待のパンジーちゃんなので 

どんな色のお花を咲かせてくれるのか 心待ちにしています~









話は変わりますが・・・

あの緑の子達の事をご報告させていただきます。


ちいさなイヨカン 2鉢 に3兄弟の飼育は 無謀だったみたいで

とうとう最後の1匹も 蛹にさせる事もできませんでした


悲惨な状況にどの子もなってしまった様に思います。



後の2匹も 突然に姿が見えなくなりました。

1番小さな子は 成長途中で葉が全て無くなってしまい

他の鉢の側面にひたすらつかまっていたのですが 忽然と・・・。



アゲハチョウの幼虫を見たかった私の思いは 

ただ残酷な事をしただけなのかと 後味の悪い思いです。

幼虫を育てるだけの葉を沢山確保してからすべきだったのですね。


寂しく茎だけになったイヨカン2鉢。 心がチクチクして見るのも辛い気分です。



| ビオラ | 15:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。