スパティーガーデン

ヘタレガーデナーが半日陰のコンテナスペースと日陰がちな小さな庭で楽しんでいます♪

2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やっと逢えたね♡

種蒔きっ子のビオラやパンジー達の中でまだお顔を見ていない種類が有ります。

その中でも去年もゆっくり成長だった 

ビオラの〇うさ■▽ー△の実生の実生に花が咲きました。

と言っても 名札が違っている場合も有りますので

本当はもう少し様子を見た方が良いのかもしれませんが・・・


      ビオラNM

下の小さな花がそれです。我家では頭文字を取って NMとしています。


お花も小さめですが 葉っぱも小さめです。今年はこの一株みたいです



      ビオラNM


例によってお耳がちょっと短めですが 私には些細な部類の事です。


      ビオラNM


一緒に植わっている ラビットダンスぽい子と比べると本当に花が小さいです。


お耳の花弁の色はまだぼんやりですが色が付いています。

      ビオラNM


上の写真よりは少し分かりやすいでしょうか





      



今年も拙いブログにお付き合い下さいましてどうも有り難うございました 

皆様どうぞ良いお年をお迎え下さい。
   
              センリョウ・シュロチク・カンノンチク
スポンサーサイト

| ビオラ | 15:51 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もう蕾~♪

クリスマスローズ が 例年になく元気です。

9月下旬の植え替えが功を奏したのか 気温のせいなのか分かりませんが

何はともあれ 嬉しい~


      クリスマスローズ


鉢を少しでも日当たりの良い場所にと動かしました。(息子がね


      クリスマスローズ


蕾(だと信じています)が幾つも見えています。





こちらは、八重のエレガンスパープル です。


      クリスマスローズ


この子が一番の日当たりの良い場所に陣取っています。


去年の秋にお迎えして 初めてのお花が見られるのかしらんとドキドキワクワクです。



ちょっといろいろバタバタしそうな気配で

お返事が遅くなりそうなのでコメント欄を閉じさせて頂きます

| クリスマスローズオリエンタリス | 13:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ポインセチア~♪

子供も大きくなりクリスマスらしい事もほとんどしなくなった我家です。

我家で唯一クリスマスを感じさせてくれるもの それは・・・、


ポインセチア です。


      ポインセチア


12月に入ってもあまり短日処理の効果を感じられませんでしたが

今は、自己満足しています


反対側は

      ポインセチア


因みに11月の中旬は

      ポインセチア




現在の上からです。

      ポインセチア



一つの花(苞)は

      ポインセチア

日に日に赤い苞が成長しています。

切り戻し後 時々置き肥をしたのが功を奏した様で 

去年より株が大きくしっかり育ったと思います。


      ポインセチア

真ん中の花の数も増えてきました。

花の数だけ苞が育って行くように思っているので 花を落とさない様に気を付けています。

蜜を出して虫を呼ぼうとしているのでしょうか

でも、残念ながら室内なので虫さんは来ません。来ても困りますぅ






来季の備忘録と言う事で。

初夏の切り戻し後に、様子を見ながら置き肥を施すのは効果有りでした。

8月下旬(もう少し早めでも)に摘芯したら 

その時点で 短日処理を始めたら緑の葉が少なく赤い苞がもっと増えたのかもと思います。

上手く冬を越せ来年まで育てる事が出来たら またチャレンジしてみたいと思います。


| ポインセチア | 15:32 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カランコエ  ああ困った。。。。。

毎年元気に花を咲かせてくれる カランコエ です。 が、


      カランコエ

これは、12月15日の姿。 ここまでは超順調 でした。そう過去形。。。。。。トボトボ。。。。。


21日の朝。数日めっきり冷え込むので 葉が傷まないうちに入れるとするかぁ~

ちょっとお疲れ気味に見えるので室内に入れる前にシャワーでもと上から&鉢も と。

綺麗さっぱりしたわぁん 


      カランコエ

蕾に花弁の赤い色がのぞいています。


      カランコエ


      カランコエ

ちょっと萎びた感じだけど・・・。とあまり気にも止めませんでした。



ところが・・・。




今朝、よ~く見てみると・・・ 

≫ Read More

| カランコエ | 15:24 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

挿し木 その後~^^v

12月6日に挿し木をした 朝倉ろまん です。


博多の華さん直々に挿し木の仕方をご指導頂きました。


      朝倉ろまん


如何でしょう ちょっと成長しているように見えますが・・・。

      朝倉ろまん


こちらが、挿した時の様子です。

      朝倉ろまん



2週間過ぎたので さあさあ 発根を調べてみようと・・・。ドキドキ。。。。。ドキドキ。。。。。。です。



いつもなら外で発根を確認するのですが もう外に行くまで待てません。

台所のシンクで確認作業。。。。。。。。。。。。。。。。。



水を挿し木用土にたっぷり含ませて (発根していたら)根を傷めない様にとそっと

挿し穂をざっくり周りの土と一緒に持ち上げると

何やら手ごたえが。。。。。。。。。。。。。。



結果は
















      朝倉ろまん

全部の挿し穂から発根していました~

もう嬉しくって嬉しくって 踊りだしたい気分です

今年一番の嬉しい事です


博多の華さん どうも有難うございます

藍むらさきは、まだ挿し穂を採れそうな茎が育っていなので

育ち次第また挑戦してみたいと思います。


嬉しいので根の様子を~

      朝倉ろまん

2週間でこんなにたっぷりと根が出ています。

私にとっては初めての事です。



早速ポットに植え付けました。

用土は、HB101入りの培養土に ピートモス(酸度未調整)を加えました。

以前教えて頂いた 6号鉢で湯呑茶碗1杯程度の割合で ピートモスを加えました。

今回はこんな感じかなぁ~って目分量ですが。。。。。。。




      朝倉ろまん

小さな新芽も育ってくれますように


      朝倉ろまん

お見送りした株に付いていたラベルを挿してみました キャハ



      朝倉ろまん


私のお宝がまた増えました~

窓辺で暖かい日差しを浴びて 育って下さいませませ



その窓辺は こんな風に。。。。。。。。。花畑牧場ならぬ 窓辺牧場 に



      窓辺牧場


ここ数日の冷え込みでカランコエの葉が痛みだしたので 先程室内に入れました。

いつもこの場所は 我家のクリスマスの主役の場所です。 主役はまた後日


家族に お母さんのお宝 と皮肉交じりに言われながら春まで賑やかに過ごして貰います。






さて、おまけです。

ちょっと有る意味 衝撃映像なので 昆虫はどんな虫でも大丈夫という方だけ続きをどうぞ

≫ Read More

| ペチュニア 朝倉交配シリーズ | 15:20 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

紅葉です~♪

オタフクナンテン が色付いてきました。


      オタフクナンテン

毎年、お正月用の寄せ植えで活躍してくれますが

今年はセンリョウの実が全部落下してしまい 作る意欲も無くなってしまいました。

和風の寄せ植えは今年はお休みです



先程水遣りの時に ふと、表面の葉を持ち上げて見たら。。。。。。。。

あらら、中は緑色でした

もっと寒さが増したらもう少し中まで赤くなるのでしょうか

真冬に覚えていたら(爆)確認して見たいと思います



オタフクナンテンの足元や同じプランターの中に ちょこちょこと挿し木をしています。


その一つがこちら。


      ノースポール?のこぼれ種とラベンダーの挿し木


後ろのちょっとボケてうつっているのが レースラベンダー です。

先日発根を確かめたら まだだったのでかなり希望が薄いですが春まで待ってみようと思います


そして、去年もこぼれ種で1株育ってくれたノースポールが

今年も1株だけ芽を出してくれました。

今年は土の改良剤をいろいろ投入したので 元気に育ってくれると良いのですが・・・。

見付けた時とまるで変わらない大きさなので ちょっと心配です。

こちらも育つまで待とうホトトギスです


| オタフクナンテン | 14:02 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

27回目の冬

我家で一番の古株植物 スパティーフィラム です。



戴いた時(結婚したて)は、植物など育てた事が無かったので


どうしよう 枯らしちゃったら拙いぞぉ~ と。



当時実家は車でも電車でも 3時間程度離れた所に。

里帰りした時に 父の『趣味の園芸』のテキストを片っ端から見て

スパティーフィラムの育て方を調べてレポート用紙に書き写し

それと首っ引きで育てました。



それ以来、水切れさせておひたし状態にした事数限りなく

それでも今日まで育ってくれています。




が、 ここ3年植え替えをしていない為か

今までには無かった 葉が黄色になる症状が。

1~2枚なので その度毎に変色した葉を切り取って済ませていました。



今朝も、ポインセチアを窓際に移した時

スパちゃん(我が家での呼び名)に黄色の葉っぱを見つけました。



よく見ると、葉色も薄くなっているような気がします。


無い知恵を巡らせてみると・・・


 日光不足かも   でも7年間この場所で過ごしています。

           東向きの窓辺。日射しは短時間なのでレースのカーテンを除けています。


 肥料不足かも   植え替えしていないから元肥も切れて 追肥もはるか昔にしただけ

 根詰まりかも   これも植え替えしませんから。

           で、指で表面の土をホジホジしてみると

           1鉢はサクサクとえっ?コガネムシがいるはずもないのに。

           もう1鉢は根が上まで来ていました。



と言って、この時期に植え替えするのも危険 いえいえ面倒くさい。。。。。。。アハハ。。。。。。。


適期まで何とか対策をと。



無い知恵を絞って 正しい方法かはたいそう疑問では有りますが


置き肥を 少々控え目に置きました。

こんな時こそこれに頼ろう~と HB101の顆粒 を鉢の号数通りに撒きました。


めったにしない(オイオイ)葉の表裏を濡れタオルで拭いました。


  
昨日は窓も網戸も拭いたので日当たりも良いかも~


      スパティーフィラム


周りが整頓されてないので ちゃんと写せてない事は突っ込まないで下さい。

      スパティーフィラム


外側の傷み始めた古い葉を切り除いたのでちょっとさっぱり。



さあさあどうなるやらです。

初夏になって植え替える時に 鉢の中がどうなっているか見ものです





おまけです。

      ベゴニア

スパちゃんのすぐお隣で日差しを浴びて気持ち良さそう~ なベゴニアです。

冬の間、うどんこ病になり易いので 霧吹きに精を出して育てようと思います。

| スパティーフィラム | 15:01 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アラ♪ラビットダンス~♪

gremz  酸性雨



昨年購入した ラビットダンス から種を採って実生を育ています。


      ラビットダンス 

これから育っていくと変わるかもしれませんが この株が一番親株に似ている気がします。


      ラビットダンス

この子は耳がちょっと短めかも。




この子は、シルキーブルー(白→青→紫がかった青に色変わりのビオラ)だと思って植えたら

      ラビットダンス丸?

去年、丸顔のラビットダンスに似た子でした。



我家で一番の成長株の子。

       こぼれ種ビオラ
         (以前の写真です)

顔が白から紫青っぽく変化します。シルキーブルーと掛け合わさったかも。





昨日、そろそろ終わりになっていたインパチェンスに退場して貰い

      寄せ植え

種蒔き組最後の3株を植え付けました。

名札通りに咲かないので 新たなラビットダンスが咲くかもしれません。
          

| アカバセンニチコウ | 13:47 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バラ咲きプリムラジュリアン

バラ咲きプリムラジュリアン とても気になっているお花です。

 

先日、 フリル咲き となっていましたが生協のカタログで見つけて即注文~

注文してから 何とどう寄せ植えしようかとわくわく思いをめぐらせていました。



本日 届きました

でも、カタログの写真通り・・・

まだお花は咲いていません


なので、大事にお花を咲くまでようにお世話しようと思います。


      プリムラジュリアン

5号鉢に取りあえず植え付けました。


      プリムラジュリアン いちごのミルフィーユ

いちごのミルフィーユ ですって 食べたくなる様なネーミングです。



      プリムラジュリアン ピーチフロマージュ

こちらは、ピーチフロマージュ 。 こちらもスイーツの様なネーミング。


フロマージュって何?と調べたら チーズと同じ意味だそうです。

桃のチーズ 。。。。。。。 日本語に直さない方がお洒落です




植え替えたのは 先程。水遣りをしたので今晩の冷え込みに遣られてしまいそうなので

取りあえず今晩は玄関の中に入れました。


ベゴニアも2鉢 室内(娘の部屋)に取り込みました。

でも、来週は娘が数日間帰ってくる予定。

部屋の主がいる間階段の窓辺へ避難したり 鉢移動に頭をひねります。


| プリムラ(ポリアンサ・ジュリアン) | 16:07 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

越冬用苗

ご覧頂くにはちょっと貧弱な内容ですが

備忘録として記しておきたいのでお許し下さい。




夏の暑さにも耐えて元気に咲いてくれるニチニチソウの フリンジビンカ 。

私の大好きな花の一つです。


そして、寄せ植えのアクセントに濃い葉色が気に入っているアカバセンニチコウです。



      冬越し用挿し芽株

この7ポット、春まで生き延びてくれるのはどのポットでしょう

今年は、やった~春まで持ちこたえた と思った3月の下旬に

お気に入りの チュラビンカアスカ が旅立ってしまいました


フリンジビンカ、この他にももう一株有るので 1株位は大丈夫かしらんと思っています。

      冬越し用挿し芽株

蕾も付いていたのですが 株を充実して貰おうと植え替え時に摘芯致しました。


      冬越し用挿し芽株

アカバセンニチコウ、去年は室内で越冬中にピンクの可愛い小さなお花をつけてくれました。

外で育てている時には 一度も見た事が有りません。

今シーズンは、見られるでしょうか

こちらも大胆に切り戻しました。

ちょっと大胆過ぎたかもと心配しています。


あとはベゴニアなどをと思っていますが 結構外でも冬越ししてくれたりするので

家族の白い目(ポットは邪魔にされます)を考えるとどうしようかと思案しています。


種苗メーカーからカタログが送られてきました。

冬越し苗と一緒にどんなお花を育てようかと考えるのは とても楽しい時間です。


| 園芸作業など | 21:43 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゆっくりと咲いています~♪

寒くなって開花している期間が長くなった

   プリンセス・オブ・ウェールズ です。


      プリンセス・オブ・ウェールズ


      プリンセス・オブ・ウェールズ


      プリンセス・オブ・ウェールズ

うつむいた姿もとてもエレガントです。



バラ初心者の私にとって バラを育てるのは正に初めての一年でした。

ミニバラとどこがどう違うのかも 良く分かっていない現状ですが

枯らさずに一年終わらせる事が出来ただけで満足です。



ミニバラもそうでしたが 風にあおられて枝が痛むので 

来年はその対策を考えねばと思っています。

支柱しかないのでしょうか

せっかくのエレガントなバラに無粋な気がしてしまいますが 仕方ない



このプリンセス・オブ・ウェールズも虫の影響なのか風の影響なのか

枝の途中がひび割れの様になって だらんと枝自体が下を向いてしまっています。




      プリンセス・オブ・ウェールズ


来年は剪定の場所なども工夫したいと思っています。


| バラ プリンセス・オブ・ウェールズ | 12:23 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

密閉挿し

博多の華さんに挿し木の適期と教えて頂いたので

私の場合、適期とは言えどうなる事やらですが・・・挿し木をしました。


      朝倉ろまん


今日は、朝倉ろまん のみです。

藍むらさき もと思ったのですが 

ちょっと挿し穂を取るにはちょっと茎の長さが短いみたいでした。

後日様子を見ながら 挿してみたいと思います。

なので、空きスペースは当然ながら 藍むらさき用です。



この好機を逃してはなるまい! と浅知恵をフル活動しました。

挿し穂を採るにあたって カッターの刃を新しく取り換え

挿し穂を採り 挿し穂を整えました。

久々に メ〇デール の100倍溶液に挿し穂を20分程度ですが水揚げしました。

初め、水に挿していたのですが ふと思い出した次第です


割りばしで穴を作り ピンセットで穂を扱う 私にしては完璧(と思う所が浅はかです)かも~



今まで、アジサイ バラ 何度完璧~ と思って撃沈した事か
 

実は撃沈した要因を今回も使用しました。

それは後ほど。

パックを

      朝倉ろまん

鉢皿だとパックの底面の穴を塞いで良くないかもと思ったのですが 

後から考えると 変わらない気がします


挿し穂用に作ったメ〇デール溶液の残りを 挿し木用土にも撒いてみました。


で、ラップやビニール袋で覆う事を考えたのですが 葉に触れるのもこすれるかしらんと思い


      朝倉ろまん



全体は

     朝倉ろまん

100均で以前に買った CDケースに入れました。

撃沈要因とはこの事です。

このケースに入れて密閉挿しをした時に 成功した試しが有りません

悪夢が脳裏をよぎりましたが 気付かなかった事にして。。。。。。。。。。



実は・・・

      フリンジビンカ・アカバセンニチコウの挿し芽

このパックの中に 2芽を2回 挿し木をして撃沈しています。(10/14に挿したものです)

その主は 藍むらさき です。


一緒に挿し木した子は

      フリンジビンカ・アカバセンニチコウの挿し芽

こんなに元気に育っているのに・・・。


とことん嫌われているのかしらんと思ったり。。。。。トボトボ。。。。。。



どうぞどうぞ今回は 成功しておくれ~




12/8 追記

用土が加湿にならない様に またもや浅知恵を使ってみました。 

効果の程は分かりませんが・・・

      挿し木パック

用土の入ったパックよりちょっと大きめのパックに割りばしを置きました。


      挿し木パック


用土の入ったパックの底には8か所程穴を開けてあります。

箸で出来た空間で穴を塞ぐ事は無くなったのではと思います。

      挿し木パック

窓辺に置いています。

用土に含まれた水分が蒸発して?箱の中は水滴が・・・。

夜になるとリビングは暖房が入りますが この水滴などは無くなります。

嗚呼、どうなるやら。。。。。。。。。。


| ペチュニア 朝倉交配シリーズ | 18:45 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

がんばってね~♪

寒くなったり暖かったりで戸惑う毎日です。

そんな中 最近しっかりとした姿で嬉しく思っているお花さんをご紹介~

この程度で喜んでいるの って笑われるのは承知の上ですが



      朝倉ろまん

博多の華さんから頂いた 朝倉ろまん です。


      朝倉ろまん

夏からはずっと存亡の危機状態でしたので 嬉しい私です~



こちらは、藍むらさき です。

      藍むらさき

お花は咲いていませんが これでも葉数が格段に増えました。

      藍むらさき

家の中に入れようと思っていたのですが

置こうとした場所を別物が占領中で どうしたものかと思案中です。



      朝倉ろまん・藍むらさき


挿し芽をことごとく失敗しているので 家の中に入れた方が確実かなぁ~


≫ Read More

| ペチュニア 朝倉交配シリーズ | 17:11 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

葉組 のつもり^^;

2006年10月24日 に種蒔きした我家の ガーデンシクラメン 

成長が悪いので置肥を与えたら ジワリジワリと葉数が増えてきました


嬉しい事に 今年も蕾が出来ました~


      実生ガーデンシクラメン


この子が一番の成長株。あと一株がそれに続けと目下健気に後を追っています。


蕾と言うには余りに小さいので もっと日当たりが良くなるようにと

葉組してみました。(画像は葉組後の様子です)


      実生ガーデンシクラメン


大きな声では申せませんが この画像は3日前のもの。

今日見たら 葉組 そうだった ってな感じになっておりまする


まっ、気分気分 って事で


| ガーデンシクラメン 実生 | 12:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

色変わり~♪

この所暖かい日差しが射して嬉しいのですが

どうにも日照時間までは増やす事は出来ません。


めっきり日が射す時間が少なくなり ビオラ達の成長は超スーパーゆっくりです。


      こぼれ種ビオラ

こちらは先月末の様子です。

こぼれ種のビオラ と 実生NM(名札の挿し違いが無ければ) が植えてございます。



近づいて見ると・・・


      こぼれ種ビオラ

花色が変化しているのがお分かり頂けますでしょうか


こちらは、先程写して来たものです。

      こぼれ種ビオラ


上花弁二枚が濃い色から だんだん薄くなり

ラビットタイプで言うと お顔の部分の花弁が 白から淡い紫色に変わります。


      こぼれ種ビオラ


私のかなりお気に入りのビオラになりました。

お隣のNMちゃんの花粉をもし合わせる事が出来たら また変化するのかも。

もっとバニーちゃんっぽくなってくれたら最高ですが

そんなにうまく行く事は無いでしょうね。 ゼッタイソウダワン



取りあえず2株の競演を早く見てみたいものです。


| ビオラ | 12:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。